今日のネット記事に「働くために暮らす」と「暮らすために働く」という話題があった。何のために働くかという問いである。「働く」ことに重きがあれば職場を優先に暮らしを考えてしまう。「暮らし」に重きがあれば生活優先の本来の人間の姿があるだろう。 働くために暮らすという事で伊豆を考えるとちょっと不適合かと思います。 職場の選択肢が少ないのです。 働きたい職場探しも殆どが観光関連業になるでしょうから、そう言う事が好きな人には良いが、そうでなければちょっと辛いものになるでしょう。先般、身寄りのない孤老が多いという話になった。 伊東が温泉観光地として活性していた黄金時代に全国から「人生の逃げ場としての伊東」があった。旅館、ホテルなどで住み込みで身ひとつで生計を立てていくという「暮らし方」もあったのです。しかし、時間の経過からやがて現役期間も終えて老齢期を迎える。と言った時間の流れもあるのです。

暮らすために働くっていいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください